2018年3月アンバス1章(とてむず)

2018年3月分のアンバスケード1章の攻略

今回は抜け道があり、若干運任せのSPアビゴリ押しでのパッセPTも可能
※勝敗はパッセの火力次第でうまくいけば2分程度でクリア可能とのこと

本記事は近接編成での攻略です

構成

盾有りの近接構成、盾前x2詩風白がオススメ構成

盾はナイトでも魔剣でも、風の代わりに赤でも可で討伐時間は延びるが白の負担が減るため安定度は増す

魔剣の場合はケアルが使えるサポ(ナイトor赤)がオススメ
※盾ソロでボスギミックに耐える場面もあるため

戦術

ボスおよび雑魚のギミックをPC全員で回避しつつ、ボスを討伐

戦闘の注意点

今回は参加してるPCすべてがギミックを理解して行動しないと簡単に事故る
少数の凄腕の人が活躍して倒すというより全員が協力して倒すというイメージ

「とてむず」と「むず」の大きな違いは被ダメくらいなのでクリア出来ない場合は「ふつう」まで難易度を下げた方が良い

基本的な戦闘の流れは、

  1. 盾がボスに突っ込みボスを広場に誘導
  2. ボスが自己強化したら最優先でバフ解除
    ※数万単位の回復を防ぐため
  3. 「招待」ギミックで沸いた雑魚を回避しボスを削る
  4. 「集合」ギミックに合わせ「回復」モグに待避
  5. 2-4を繰り返しボスを倒す

とてむずの場合は前衛は特上スシ、歌は雷カロル1マチマチ(メヌ)、風水はインデアトゥーンジオフレイルがオススメ、白は前衛のスタン対策にバサンダラを忘れない
※前衛の素の命中は1200程度は必要

「ふつう」の簡易攻略

遠隔アタッカー編成で削るのが一番楽
※例として盾狩x2コ風白といった編成

盾以外が片方の「回復」モグに陣取り、盾がもう一方の「回復」モグの周りでギミック回避を行う

盾の注意点としてはボスのクリスタリンフレアの範囲が広いため、遠隔アタッカー+後衛側に届かせないようにボスの位置取りに注意

遠隔アタッカーも「回復」モグを誤射して倒す事故があるためタゲには要注意

敵のギミック等について

詳細な敵の情報はFF11用語辞典を参照、ここでは攻略のキーワードとなるギミックの名称を定義

「招待」ギミック

フレンド招待により召喚されるBozzetto Stewardとスリップスフィアについて本記事では「招待」ギミックと記載する

「集合」ギミック

ボスHP割合75%、50%、25%、10%のタイミングで発生する、SPアビおよび広域スリップスフィアについて本記事では「集合」ギミックと記載する
※オーメンKei固有技の仕様と同じ、祝福で回復した際は一度使用したタイミングはスキップ

また一度使用したSPアビは使用しなくなるため、初回で祝福が来ると比較的短時間で決着が着く場合もある

「回復」モグ

初回からポップしているMoogle、時々移動しボスの「集合」ギミックに合わせてリジェネ+リフレシュ+アムネジアスフィアを展開、本記事では「回復」モグと記載する

ボスのギミック対策について

「招待」ギミック対策

「招待」ギミックでポップする雑魚はボスのトップヘイトのPC付近に沸く仕様となっている

発動のログを確認したら、

  1. 盾は雑魚が沸いたら広場を大きめの円を描く用に徐々にボスをズラして位置調整
  2. 前衛は一度ボスから離れ、盾と共に位置調整し殴りを再開
    ※描く円から先回りでも可
  3. 後衛は距離を取りつつ位置を調整

本来は「回復」モーグリの位置を考慮しつつボスを誘導できれば一番良い、ただし状況次第ではボスの範囲魔法で後衛を巻き込む事になるため広場で一定方向に少しずつ移動し続けた方が事故は少ない

自信がある盾ならば、
構えから雑魚のポップまで若干の猶予があるので「回復」モーグリ+アタッカー+後衛の位置を考慮し、誰も居ない場所に雑魚ポップを誘導、この後すぐボスの位置に戻ればボスを移動させず面倒な雑魚だけ捨てる事も可能

「集合」ギミック対策

難易度が高くなるほど「回復」モグのスフィアが狭くなり移動するようになる

「回復」モグの移動とクライアントの通信ラグのせいか「回復」モグの横か前を走っていないとスフィア効果を受けられない上、急に方向転換する場合があるため常に「回復」モグの位置に注意を払う必要がある

また柱の陰に「回復」モグが隠れたり遠くで見えなくなる場合があるため、白以外の後衛はその状態になったら「S」等方角だけでもチャットに流しておくと良い

発動のログを確認したら、

  1. (ボスが連続魔を使用時のみ)赤がいるならばサイレスを1回だけ入れる
    ※スタイミーサイレスを使用しても良い
  2. 全員で「回復」モグに向かいスフィアの効果を受ける
    ※盾は可能なら前衛後衛とは別のモーグリに向かう
  3. 「回復」モグは移動するので常に「回復」モグの前方にいるように位置を調整し続ける

「回復」モグに追従できないとスリップ死が待っている

またボスの連続魔中にスリプガやグラビガの足止めを2度以上喰らうと

最悪の結果になる場合もある

ボスのケアル対策

ボスがケアルを使用すると数万単位でHPが回復する

このケアルを防ぐためにはボスのバフを解除する必要がある
ヘイスト、プロテス、シェルの3つが掛かっているとケアルが解禁されるようで、バフがボスに掛かったらなる早で解除する

ボスがSPアビ連続魔を使用した際はバフを見逃す事が多いので、まず「回復」モグまで待避しディスペルやフィナーレが届く状況になり次第バフ解除を実行する

ボスの討伐について

基本は前述のギミック対策をしつつボスを削るだけなのだがどうしても事故が多めになる、ボスのHPは少ないので最悪事故っても殴らなければ衰弱からでも立て直しは可能

以下は各ジョブ毎の注意点

前衛の注意点

視線判定テラー対策としてボスの後ろもしくは横から殴る

支援役に風水がいる場合、前衛は近接がギリギリボスに届く距離から前衛同士固まった位置で殴る

攻撃中断しなければならないタイミング多く無理に連携を作る必要は無し、とにかくダメージの出るWSの連打で良い

風水の注意点

インデアトゥーンがギリギリ前衛に届く距離をキープし続ける、盾まで効果範囲に入れる必要は無い

他のジョブからすると若干余裕があるため、「回復」モグの位置や敵SPアビ発動をチャットに流しておく

詩人の注意点

PCの強化後はボスのケアル対策のためフィナーレによるバフ解除に集中する

詩人も風水と同じく若干余裕があるため、「回復」モグの位置や敵SPアビ発動をチャットに流しておく

白の注意点

回復および弱体回復で手一杯になりがちなため、ヘイストは他の支援役に任せてしまった方が良い

「集合」ギミック時は「回復」モーグリの側に居ればリフレッシュの恩恵も受けられケアルガを連打してもMPが尽きる心配は無い、前衛と「回復」モグが一緒になったタイミングでバサンダラをかけ直しておく
また盾と一緒の「回復」モグに待避している場合スリプガ、サイレガ、テラー等の弱体および範囲ダメージを受けるため最低限ボスに背を向けて回復に専念、可能なら毒薬を飲む

盾の注意点

盾はビルトスによる視線判定テラーを防ぐため基本後ろを向き、柱の無い広場でキープする

完璧に対応しようとするとボスのタゲを取りつつ、常に「回復」モグの場所を把握、「集合」および「招待」ギミックに対応しアタッカーや後衛への影響も考慮し動く必要があるため結構大変

最低限「集合」と「招待」ギミック発生の瞬間だけは見逃さないようする、あとは後衛や前衛でフォローは可能

もし「集合」ギミック発生時、余裕があるならば前衛後衛とは別の「回復」モグに移動しソロで耐えられると事故も減る、またギミック終了後はボスを広場まで誘導する

トリガーの取得

対象モンスターについて

経験値が入る敵を5匹討伐

取得エリアについて

以下のエリアのモンスターをオススメ

  • 高地エルシモ-怨念洞 Home Point #2から西方面
    Demonic Pugil等
  • サルタバルタ-トライマライ水路 Home Point #1から南西方面
    Mindcraver等