2018年12月アンバス1章(とてむず)

2018年12月分のアンバスケード1章の攻略

今月もアンバスにほぼ参加できていません・・・
結局フレに連れて行ってもらったナイトでの参戦データしか無いため内容は薄目です

前回の記事は以下のリンクを参照

2017年10月分のアンバスケード1章の攻略 今月も先月並の難易度に、そして忍者が大活躍! 最近はFF11用語辞典の方に敵の詳細...

構成

構成はナ忍忍詩白召、盾は基本ナがオススメ

召喚の役割は忍のバフと雑魚キープ時のTPリセット、白の腕前次第では白サポ召で召喚枠をアタッカーやコ風に置き換え火力を上げる事も

盾がナイトの場合はイージスオハンともにあった方が良い、なおかつ盾スイッチマクロも用意しておく、またホーリーサークルのためにAF足を用意しておく

戦術

忍でボスを入り口まで引き込み削り開始、盾で途中からポップする雑魚を離れた場所でキープ、忍でそのままボス討伐
※ボス討伐のみでクリア扱い

戦闘の注意点

前回の記事のようにナ盾でマラソン出来れば事故の可能性は若干高まるがナイトの腕前次第でジョブの縛りは緩くなる、今回は盾が離れた位置でキープするパターンのため白の腕前次第でジョブの縛りを緩くできる

ただしアタッカーを増やして周回効率を上げようとすると与TP増加により忍の蝉回しの負担が高まるため事故も若干増える模様

大まかな戦闘の流れは、

  1. 味方を強化
  2. 忍がボスに突っ込み入り口へ誘導し削り開始
    ※盾がナイトの場合はホーリーサークルとセプルカーで忍をサポート
  3. ナイトはボスから離れた位置待機
  4. 雑魚がポップしたらタゲを取り離れた位置でキープ
  5. 忍がそのままボスを削りきる

歌はマドマチマチ(メヌ)でマチマチは盾および後衛にも掛かるように調整を、白と召喚にはバラを掛ける

コルセアがいる場合はカオスファイターを忍へ

敵のギミック等について

詳細な敵の情報はFF11用語辞典を参照、ここでは注意すべきギミックのみを説明

トリプルリバーサル

一人でボスを含む敵ターゲットを3匹以上持つと使用してくる技、ヘイトを基礎値としたHP吸収技のようで倍率も高く発動したらほぼ即死が確定

即死追加効果

ボスには通常攻撃に即死効果が付与されている
雑魚を倒すことで即死効果を一時的に解除できるが周回効率上実行される事はまず無い

各対策について

トリプルリバーサルの対策としては雑魚を離れた場所でキープ、ボスの即死対策としてはアタッカーを忍にする事で対処する

ボスの討伐

盾がナイトの場合は忍が最初にボスを入り口に誘導した際にホーリーサークルでアンデッドに対するバフおよびボスに対しセプルカーを使用し忍の削りをサポート

忍は極力タゲを分散させつつ削る事で事故を防げる、特に片方の忍が幻影両断でスタンした場合スタンを喰らっていない忍が挑発でタゲを取る事で安定する

詩人は可能ならエレジーをボスに入れる、これで蝉回しがかなり楽になる

雑魚のキープ

盾は開幕支援後に雑魚沸きを待ち、ポップ後に離れた位置でキープする
基本はオハンでキープし敵が魔法を唱えた場合は着弾直前にイージスに盾をスイッチする

盾は忍のボス誘導と入れ違いに移動しはじめ以下のようにボスから距離を取り雑魚沸きを待つ

雑魚が沸いたらセンチでタゲを取り離れた場所へ誘導する
注意点としては一番奥の雑魚は沸きが遅いためギリギリまで待つor一番奥のみ挑発やフラッシュでタゲを取る
※ランパートを使用すると忍が事故った場合、稀にボスがキープ場所まで来る場合があるため極力使用しない

誘導先は盾が発動しやすい壁際がオススメ、パリセートおよびリアクトを使いキープ
※ナ盾の場合マチマチヘイストがないとリアクトにリキャスト待ちが出てしまう

その後は白で敵黒にサイレス、召喚or白サポ召のミュインで敵TPをリセットしつつキープを続ける

トリガーの取得

対象モンスターについて

クトゥルブ族を3匹討伐
※経験値が入る敵の必要あり

取得エリアについて

以下のエリアのモンスターがオススメ

  • アサルト(ペリキア:双頭の蛇作戦)